くらくらな日々GT

メン・メン・メン・サケ・メン。球に周りの事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銘酒誕生物語

どもども。

bcb60eb55557446744c392a454a9d8b6.jpg


人気シリーズ「銘酒誕生物語」の第7弾。今回は中国地方、山口県と広島県を訪れ、原料である「米」にこだわりその特性を引き出している清酒蔵を
紹介する。
 山口県、澄川酒造場の「東洋美人」。先代の時にはあまり県内でも知られていなかったが、4代目である宣史氏が生産石数を200石から1,000石にまで
成長させ、今や全国鑑評会で常に上位を独占。酒米の王様と言われる「山田錦」を徹底的に追求して「稲をくぐり抜けてきた水」を目指している宣史氏。
特に地元で栽培された「山田錦」を使って醸した酒には「4 3 7 」「611」など生産番地をラベルに表記し、生産地毎の特性を生かした酒造りを行っている。
 もうひとつは広島県、今田酒造の「富久長(ふくちょう)」。名実共に日本一の“女性杜氏”といえる美穂氏は、大学卒業後、大手百貨店勤務、
さらに能のプロデュースを経て蔵を継ぐと、それまでの機械に頼った酒造りを一掃し、全ての作業を手作業に替えた。酒蔵に生まれたとは言え、酒造りに
関しては全くの素人だった美穂氏。周囲も「どうせすぐ辞めるんだろう」くらいにしか思っていなかった。しかし、氏の造った酒は誰もが驚く銘酒へと変貌を遂げる。氏の酒造りへの思いは米にも及び、広島県産の幻の米「八反草」を数年かけて復活させることとなる。
 番組では、取材地の風景や文化はもちろん、酒に合う料理等も合わせて紹介。「手造り」による真摯な酒造りに取り組む蔵人と世界に誇る日本の文化
「日本酒」の魅力をお伝えする。


取材先/「東洋美人(とうようびじん)」 澄川酒造場(山口県) 澄川宣史さん
    「富久長(ふくちょう)」    今田酒造(広島県)  今田美穂さん
語り/佐々木蔵之介

気になります。

ではでは。
  1. 2010/01/12(火) 00:00:00|
  2. ┣日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とんど祭り | ホーム | 青木問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurakuranahibi.blog38.fc2.com/tb.php/412-a4f15b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)